NEW

トイレに独立の手洗い器を!(S邸)

S邸ではホーロー製の壁パネルをトイレに採用。トビハネ汚れもさっとひと拭きでいつでもキレイをかなえました。

背面の壁だけはアクセントクロス仕上げとし、他はホワイト調のカラーでまとめることで、清潔感の漂うスタイリッシュなトイレ空間としました。

手摺りを既存の横手摺りから縦手摺りに交換し、便器の先端から30cm程度の適切な位置に設置することで立ち上がり動作を上手にサポート。

また手洗い器を便器正面に設置することで、トイレ内で体の向きを変える回数を減らし、一連の動作がスムーズに行えるよう配慮しました。新設した手洗い器は半埋込みタイプの省スペース性に優れた機器を選定しています。
以前のトイレは手洗い付タンクのあるものでした。センサーの不具合などがあったため、思い切って交換。

その際に極力便器手前のスペースを広くしたいと、タンクレストイレを選定されました。タンクレストイレ(TOTO:ネオレストAH)とし、奥の壁に極力近づけて設置することにより、便器の前のスペースが以前より10cm以上広くなり、トイレ内での動作が楽になりました。

Before After